« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

駿東山の会公開バスハイク登山2

9:44 一息峠へと登る。

Img_0766s
登山道脇には色んなキノコが生えている。
お化けのようなキノコなどカメラに収めながら緩やかな登りをつづら折りに進んでゆく。
Img_0770s
ゆっくりとおしゃべりに花を咲かせながら、、、登っている。
私は花が咲いていないかと目を凝らしながら登って行く。
Img_0772s 10:15一息峠に着く。
さてここからは~そうそ~今日のリーダーがバスの中で急な階段もあります。と言っていた
場所はここかいなぁ。
Img_0773s 10:27
一歩一歩気を付け乍ら登る。
この辺りまで来ると登山者とのすれ違いが多くなる。
45名の団体だから、登り優先。下り優先。と譲り合う。
なので、おのずとお休みも多くなり、ゆっくり登山となってます。
こんな時沢山花々が咲いていると遠慮なく写真が撮れるのに、、、花は咲いていない、、、
Img_0778gs Img_0779gs
10:34
NHK中継所?に登ればこの風景。
海かな?豊橋の街並みかな?
等と言いながらちょっぴり休憩しています。
Img_0780s
10:35ここからは急な登りです。
春の季節にはツバキなど花々で心躍る登山道のようです。
3に続く。

駿東山の会公開バスハイク登山

山行2016年9月25日(日)

 葦毛湿原から神石山から多米峠登山口まで小さな山をいくつも登ったり下ったりして来ました。
24日まで雨続きでした。
25日は天気予報通り晴れました。
5:45自宅出発でしたので、富士山の頂上に雪が積もっていた様子を撮影できず残念。
6時市役所出発。葦毛湿原の駐車場に着いたのは9時頃です。
Img_0743 参加人数45名
ラジオ体操で体をほぐしています。
Img_0746b Img_0747b
愛知県豊橋市と静岡県湖西市との県境の山歩きです。
まずは豊橋側の湿原を歩く
Img_0748b Img_0750gb
ミゾソバとタムラソウ
Img_0751bシラタマ ホシクサ
Img_0752b
シラタマホシクサとタムラソウとアゲハ蝶
Img_0757gb Img_0760b
写真撮影旅行では無いのでするっと通り過ぎる。
今日はのんびり行こうよ。歩こうよ。企画ですから少しはのんびりと写真撮影が出来た。
Img_0762b
タムラソウ
Img_0763b
9:43
いよいよ山を登り始めます。
次に続く

近くの医院

風邪を引いた時、胃が痛い時等々一年に一回か2回ほどお世話になりました。

タクシーも使わず、歩きか自転車で通えた便利なお医者さんでした。
先生も優しくってこれから歳を召す私にはとても好都合な医院です。
医院の明かりが無い、、今日はお休みでは無いよね。
玄関に張り紙がしてある。
「8月31日を持ちまして閉院致します」と、、、わぁ~これから大変だわぁ。
先生はもうお歳ではありました。跡継ぎもいません。誰か代わりの先生は居ないものか?
車社会なので、近くて便利だけでは医院は流行らないのかも知れんせん。ね。
Img_0676 Img_0679
医院を見上げたら屋根の上には雀。
Img_0681 Img_0680
夕日を浴びながら広がるお黄金色の田圃へと行ったり来たりしています。
Img_0686 Img_0695 Img_0696 Img_0685
.
Img_0703
風邪引いた時これからどうしましょうか。
今私は大きめの病院へ通院していますが、薬をもらうだけだから自転車で行けます。
雨の日はバス利用も、、、
タクシー代高いので、本当に悩める問題です。
雀達にも悩みはあるのだろうあ。

御殿場5合目登山口4

Img_0186s Img_0184s

富士山のガスが切れ始めました。
もう10時13分です。
双子山を通り水が塚駐車場へ出て16時35分のバスで帰る予定でしたが、今日はここで遊んで、12時35分のバスで御殿場駅へ帰ることにしました。
双子山までは1時間コースらしいので時間的には十分行ける距離ですが、それも止めて
富士山五合目口だけの散策にします。
Img_0168_2 双子山と富士薊
Img_0188 Img_0190
辺りウロウロしていると面白い咲き方のフジアザミ発見しました。
みんな立ち上がった苗にぶら下がるように咲いている富士薊です。
この花は地べたに這うようにした苗にちょこっと顔を出している感じの花でした。
Img_0191_2 その横にはちぎれた花が横たわっています。辺りには糞がありましたので、何か動物がくわえたものでしょうね。
ここだけの現象。これも自然の摂理かな。
Img_0209s Img_0211s
見上げれば白い月。
月には雲がまとわりつき細く垂れこめています。
クラゲが泳いでいるようにも~ゲゲの鬼太郎の一旦匁~それとも~、、、、
一人空を見上げながら楽しいひと時です。
Img_0208_4 富士山下山道道では
ブルトーザと下山者。
私は富士山の砂場の山を横切りながら下山道へと移動しています。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ